海外からでも受講OK!Z会幼児コースの魅力とは

育児

息子がもうすぐ4歳になるこの夏。

Z会の通信教育が海外でも受講可能と知り、おためし教材を取り寄せてみました。
「あと伸び力」の教材が息子にハマり、受講する事にしたのでご紹介します。

海外生活でお子さんに日本語教育を考えている方、おすすめの教材です。

きっかけ

最近の息子の日課は、プレスクールに出かける前に、大好きな紙工作を1つ作る事。

学研やらくもんやら、日本から購入したのですが、もうすぐ終わり。
作った物で遊べて、とても良くできているのですが、
1日1枚やるとすぐに終わってしまいます。

 

せっかく、出かける前に何かするという日課ができているので、

他になにか楽しんでできる物はないかなー

と探し始めました。

海外受講可能な知育教材といえば

海外にも発送してもらえる幼児教材といえば、Benesseのこどもちゃれんじが有名。

日本にいる頃、おためしで届いたDVDに息子は釘付けでした。
今でも時々引っ張り出してきて観ています。
とても良い教材で、息子も絶対ハマる事はわかっています。

でも、毎月届く大量のおもちゃが邪魔。
我が家には既におもちゃがたくさんあるので、
これ以上おもちゃを増やしたくありません。

Z会を選んだ理由

海外にも発送してくれる、楽しい教材はないかな〜

とネットサーフィンしていると、
通信教育で有名なZ会幼児コースがあり、海外受講にも対応している事を発見!

私自身、大学受験の時にお世話になったZ会。信頼できます。

そしてキャッチフレーズが、
実体験とワーク学習で「あと伸び力を身につける。

それそれ!

まだ勉強なんてできなくてもいいんです。
まだ漢字が読めなくてもいいんです。
将来、自分で考えられるようになって欲しいんです。

さっそく、おためし教材を資料請求!

夏生まれの息子は、日本の幼稚園では年少さんです。
年少コースと、1学年上の年中コースのおためし教材を資料請求。
おためし教材は、もちろん海外にも無料で届けてもらえます!

請求して4日後に届きました。はやい!

幼児コース(年少向け)の内容は?

年少向け
年少向けお試し教材

かんがえるちからワーク
ぺあぜっと
ぺあぜっとi
いっしょにおでかけブック
・コースの説明と申込書
・なつのわくわくこうさくぶっく(キャンペーン中のみ)

ぱっと中身を見た印象は、

ちょっと簡単かな?

でした。

かんがえるちからワーク

平日と土曜日に1枚づつ解くと1ヶ月で終わる分量です。
(おためし教材は8枚分)
毎日やる課題として、私が探していた物です。

実際にやらせてみても、ただ解くだけならやはり簡単そうです。
放っておくと、30分くらいで1ヶ月分終わってしまうレベルです。

「できた!」を実感できるから難しい問題も自然に解けるように!
と資料にも書いてあるように、わざと簡単なレベルにしているようです。

でも、一緒にやれば使い方次第で1日1枚でも十分学べそうです。

かんがえるちからワーク

まず、問題文は短く、全部ひらがななので、自分で読ませる練習にちょうど良いです。

日付を自分で書かせるのも、数字の練習と日にち感覚を養うのに良いですね。

時間があれば、問題に登場した物について図鑑で調べたりしながら理解を深められます。

逆に時間のない日でも5分あればできるので、無理なく毎日続けられます。

ぺあぜっと、ぺあぜっとi

「ぺあぜっと」は休日に親とゆっくり取り組む教材。
「ぺあぜっとi」は、親向けの情報誌。教材を使う上でのコツなど。

おためし教材では、
・洗濯バサミで遊ぶ
・バナナを焼いて食べる
という課題でした。

創造力の乏しい我が子が珍しく、洗濯バサミで動物を作って遊んでいました。

すばらしい!

バナナは、
バナナを焼く事で、見た目、食感、温度が変わる事を楽しむのがねらいだとか。
きっと科学の実験の基礎になるんでしょう。

息子は皮をむいてオーブントースターに入れるだけで、料理気分を味わっていました。

たくさんのおもちゃを与えるより、身近な物で工夫して遊べるヒントがもらえるのはとても良いです。

いっしょにおでかけブック

小さくて薄い絵本。
お話だけでなく、クイズも書いてあって理解が深められるようになっています。

いっしょにおでかけブック

息子はやたら気に入っていたので、
この本をもらえただけでも、おためし教材を取り寄せて良かったです。

ワニの子はなんで泣いてると思う?(クイズ欄から)

トイレに行きたいんじゃない?

あ、ママもパパもいなくて悲しいのかな?

というように使うようです。
なかなか良い教材だと思います。

なつのわくわくこうさくぶっく

夏のキャンペーン中のみ。
イカとタコが作れる紙工作。

紙工作大好きな息子は、もちろん大喜びでした。

幼児コース(年中向け)の内容は?

年中向け
年中向けお試し教材

かんがえるちからワーク
ぺあぜっと
ぺあぜっとi
ひらがなだいすきワークおためしばん
・コースの説明と申込書
・なつのわくわくこうさくぶっく(キャンペーン中のみ)

年少よりも全体的に少し内容が難しくなり、ひらがなの練習が入ってきます。
また、提出課題が加わり、いっしょにおでかけブックはなくなります。
提出課題は提出するとお返事が返ってくるそうです。

もうすぐ4歳の息子では、ほぼ解けますが時々難しい問題がありました。
少し簡単な方が自信がつきやすいので、やはり年齢通りのコースが良さそうです。

Z会 幼児コース

幼児コースの特徴は?

達成感を味わえるように、内容は比較的簡単
無理なく続けられるように、分量は少なめ
・「ぺあぜっと」は、親と一緒に取り組むのが前提
自分で考える力を引き出す工夫がある

実際に子供と一緒にやってみると、

なるほど、よく考えられている

と感じる内容でした。

受講料は?

入会金はなし。
年度末まで一括払いの場合、年少向けは1,786円/月、年中向けは2,379円/月。
これに、海外料金が2,080円/月かかります。

国内でこの値段で受講できるなら良い!
海外だと、教材費と同じくらい海外加算金がかかるのか…
まあ仕方ない。

国内で受講する場合には1ヶ月から受講可能なようですが、
海外で受講する場合には年度末まで一括、あるいは6ヶ月分一括払いのどちらかになります。

受講の決め手は?

実際に子供にやらせたところ予想以上に良かったため、受講を決めました。

・子供が気に入って、自分からやりたがった
・考えさせる問題がある
・無理なく続けられそう
・毎日机に向かう癖をつけられそう
・身近な物で工夫して遊びながら学べる
・価格は比較的手頃
・日本に帰った時のために、日本の教材を与えておきたい

一番最後の理由は海外在住ならではですが。

現地校に通う息子は、どうしても英語中心の生活になります。
数年後に日本に帰った時の事を考えると、ある程度の日本語力をつけるために日本語の教材を与えておきたい気持ちがあります。

どんな人におすすめ?

おもちゃでの遊びを通して自然と学べるこどもちゃれんじと比較すると、
Z会は学ぶ事自体を楽しむ教材のように感じました。

また、こどもちゃれんじは子供が一人でも楽しく遊べますが、
Z会は親の働きかけがある程度必要になる教材だと思います。

・知る事、学ぶ事を好きになってほしい
・目に見える効果がなくても、将来役に立つ力を身につけてほしい
・子供と一緒に教材に取り組む時間が取れる
・大量のおもちゃはいらない

人におすすめです。

まとめ

海外で受講可能な、Z会の幼児コースの無料教材を試し、
良かったので受講を決めました。

「年度末まで一括払い」での支払いを選んだので、子供が途中で飽きない事を祈るばかりです。

特に海外在住で、日本語教育も少しさせたいと思っている場合、良い教材だと思います。
続ければ考える力が養えそうなので、お子さんに合えばおすすめですよ。

海外にも無料の資料請求はこちら