イギリスで妊娠!まず何する?

妊娠・出産

駐妻生活にも慣れてきた頃、二人目の妊娠が発覚!
日本とは医療制度が異なる海外での妊娠・出産。
妊娠かな?と思ってから医療機関を受診するまでの流れをご紹介します。
妊娠検査薬と葉酸についての豆知識も!

スポンサーリンク

市販の妊娠検査薬(Pregnancy Test)で陽性を確認

上の子も大きくなってきたので、そろそろ二人目が欲しいと思い基礎体温をつけ始めた頃。
なかなか次の生理が始まらないし、体温も高温期のまま。

もしや妊娠!?

さっそく妊娠反応をチェックしてみる事にしました。

薬局Bootsで購入しましたが、
近所のスーパーマーケットWaitroseでも売っていましたし、amazonでも買えます。

いつから検査できる? 〜早期妊娠検査薬

日本では、市販の妊娠検査薬といえば、
多くは生理の予定日の一週間後から。

生理予定日近くに検査する事を
フライング検査
なんて呼んだりしていますが、

イギリスでは生理予定日から判定できる
早期妊娠検査薬
が普通に店頭に並んでいます。

私の購入した物は、

生理予定日からは99%以上
生理予定日6日前からは79%

の確率で検出可能だそうです。

早期妊娠検査薬は、

尿中のhCGホルモンの量が微量(25mlu/mLと通常の半分)
でも反応します。
尿中のhCGホルモンが微量でも反応してしまうため、
化学流産になって悲しい想いをするかもしれないので、
早期妊娠検査薬でのフライング検査はオススメしません

なんておっしゃる先生も、日本ではいらっしゃいます。


化学流産
とは、
妊娠検査薬では陽性が出たのに、超音波検査で胎嚢が確認できず、
妊娠が成立せずに次の月経がくること。

そのような意見の方は、
日本で主流の、尿中のhCGホルモンが50mlu/mLで反応する
「普通の」妊娠検査薬も売っていましたので、
いつから妊娠判定可能な商品かチェックしてから購入すると良いですね。

デジタルの妊娠検査薬、妊娠週数予測キット(Weeks Indicator) もある

日本ではあまり見た事がありませんでしたが、

デジタルで
Pregnant / Not Pregnant
と表示されるキット(Clearblue Pregnancy Test Early Detection)もありました。

わかりやすくて良いですね。
日本のamazonではヒットしませんが、今は日本でも売っているのかしら??

妊娠週数予測キット(Clearblue Pregnancy Test with Weeks Indicator)は、
Pregnant 1-2 / 2-3 / 3+ / Not Pregnant
と、妊娠成立からの週数を表示してくれる妊娠検査薬です。

後に超音波検査で決定される週数と比較して、97%の精度で週数が当たるそうです。

月経不順の方は排卵してからどれくらい経っているかわかりにくいので、
妊娠週数を予測してくれる機能も便利ですね。

妊娠がわかったら、次にすべき事

妊娠反応で陽性である事が無事確認できました。
病院を受診する前に、まず始める事は…

1. すぐに葉酸サプリメントを飲み始める
2. GP/NHSの登録をする

葉酸(folic acid)のサプリメント、補助食品をとり始める

葉酸は、

レバー
緑黄色野菜
果物

などに含まれるビタミンB群の一つです。

特に妊娠初期に葉酸が不足すると、

二分脊椎
無腦症

といった、赤ちゃんの神経管関連の奇形のリスクが上がってしまいます。

この神経管は妊娠7週までに完成するため、

妊娠かもしれない。

と思ったらすぐに葉酸をとりはじめる必要があります。

病院で赤ちゃんを確認してからでは遅いです。

ただでさえ、葉酸の摂取量が足りていないと言われている日本人。
妊娠中は葉酸の必要量が非妊娠時よりも増えるので、緊急で対応が必要です。

厚労省によれば、

妊娠1ヶ月前から
普段の食事に加え、サプリメントなどの補助食品から1日400μgの葉酸摂取

が勧められています。

妊娠かもしれない方だけでなく、妊娠を考えている方も葉酸を飲みましょう!

葉酸サプリメント

私はしばらくUK No.1に惹かれて妊娠前からPregnacareを飲んでましたが、
つわりの時に大きいタブレットを飲むのが辛くなり、
Bootsブランドのものに変えました。

小粒で飲みやすかったです。

日照時間の短いイギリス、ビタミンD入りで。

葉酸&ビタミンDサプリメント

葉酸添加食品

妊娠期間中は葉酸の必要量が増えているので、
私は妊娠初期だけでなく、妊娠期間中ずっとサプリメントを飲んでいました。

とはいえ神経管のリスクのある時期を超えると毎日飲むのがおっくうに…

そこで、葉酸が添加されている食品も試してみました。

授乳中や妊活中の方にもオススメです。

シリアルバー

まずはocadoで購入した、nutrimumのpregnancyシリアルバー。

1本で葉酸400μg摂れるので十分。

味はまあまあ。
体重オーバー気味の時期のオヤツ代わりに、罪悪感なく食べられて良かったです。

シリアル

日本でもおなじみケロッグのシリアル。

私は朝食パン派なので、
主にオヤツにSpecial K Red Berries Cerealを食べていました。

朝食シリアル派には、葉酸入りシリアルもいいですね。

普通に美味しかったので、妊娠・授乳期間が終わっても
朝食のパンを切らした時用に常備しておくつもりです。

サプリ米

日本にはご飯に葉酸を添加できる商品もあるようです。
お米を炊く時に炊飯器に入れるだけ。

上の子が離乳食の時に貧血になり、
このサプリ米の鉄分添加バージョンを使いましたが、
個人的には味もさほど変わらず使いやすかったです。

GPを登録、NHS番号を取得をする

日本とは医療制度が異なるイギリス。
通常、イギリスで病院にかかる場合、

・一般医であるGPを受診
・GPが必要だと判断すれば、病院の専門医を紹介

という形になります。

日本のように直接「産婦人科」などの専門医にはかかれませんが、
無料で医療を受けられます。

日本からの駐在の方は会社からの補助がある場合が多く、
日系のクリニックを受診して、プライベート病院で出産されるケースも多いです。

妊婦健診も出産もプライベートの病院だけで完結すれば、
GPを登録する必要はありません。

ただ、緊急時にNHSを利用せざるを得ない事があるかもしれません。
妊娠中に大量出血でA&Eにかかるかもしれないし、
出産時に早産でプライベート病院では対応してもらえないかもしれません。

イギリスのNHSで出産予定の方はもちろん、
日本に帰って出産する予定の方も、
イギリスでプライベート病院で出産する予定の方も、
登録をしておいた方が安心です。
すぐにできます。

また、
妊娠中・産後1年間のNHS処方の薬代・NHSでの歯科治療が無料になる
制度も利用する事ができますよ。

GP登録の手順

私の場合は、

・近所のGPを探す
・インターネット上で予約
・写真付き身分証明証と住所がわかる物をもってGPへ行く
・GPで必要事項を書類に記入

これだけで簡単に登録できました。

簡単な診察も受けると聞いていたのですが、私の場合はお医者さんには会いませんでした。

近所のGPの探し方

近所のGPを探すには、NHSのサイト
Find GP service
が便利です。

locationの所にpost cordか町の名前を入れると一覧が表示されます。
評判やオンライン予約可能か、
などの情報も載っているので、好きなGPを選びましょう。

GP登録申請書(GMS1 form)

私はGPに行った際に、その場で申請書をもらって記載しました。
家でゆっくり書きたい方は、NHSのサイトからダウンロードも可能です。

How to register with a GP Practice のサイトへ行く。
真ん中らへんの Registering with a GP の所にある、
GMS1 form からダウンロード。

後日、郵送で書類が届きます。

NHS番号もこの書類に載っています。
これで、無事GP登録、NHS番号取得完了です。

私は名前のスペルが間違って登録されていたので、
修正してもらいに行きました。
届いた書類はよく確認!

受付お姉さん
受付
よくある事よ。人のする事だからね。
すぐに直すから心配しないで。

との事。ここはイギリス。
おおらかにいきましょう。

まとめ

・妊娠を疑ったら、まず市販の妊娠検査薬でチェック
・陽性ならすぐに葉酸サプリメントをのみ始める
病院で赤ちゃんを確認してからでは遅い!
できれば、妊娠を考えた時点から
・まだならGP登録は済ませておく
プライベート病院で妊婦健診・出産予定の人も、登録しておいて損はない

医療機関の選定は次の記事で。