NHSの健診だけじゃ心配!追加すべき検査と、検査できる施設は?

妊娠・出産

イギリスでの駐妻生活にも慣れてきた頃、二人目の妊娠が発覚!

NHSでの妊婦健診は、超音波検査も検査項目も少なくて不安!!
でも日系のクリニックは高い
超音波検査だけなら、現地のscan centreでもお願いできそう!

プライベートのクリニックや病院での診察について、
経験したこと、調べたことをご紹介します。

日本産科婦人科学会の出しているガイドラインを参考に追加すると良さそうな項目をまとめましたので、
みなさんが健診をオーダーメイドする参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

NHSでの健診に追加したい検査項目とは?

日本の妊婦健診を経験していれば、

イギリスは最低限の検査を無料してくれてありがたいけど、それだけじゃ不安!

と思うのは私だけじゃないはず。
ある程度のお金を払ってでも検査を追加したいです。

ただ、日系のクリニックで足りない検査を全て追加すると
かなり高額になります

そんなに頻繁に赤ちゃん見る必要あるのかな?
日本の検査で自腹でも追加した方が良い検査はどれだろう?

と考え、イギリスではされていない検査項目の優先順位を調べてみました。

日英の検査項目の違いについては1つ前の記事でも
取り上げたので、そちらもチェックしてみてくださいね。

超音波検査の追加

イギリスの定期健診

・妊娠12週
・妊娠20週
に加え、日本では
・妊娠30週前後(赤ちゃんの成長、胎盤位置、羊水量)
・妊娠37週前後(赤ちゃんの成長と体勢)
の超音波検査が、日本産科婦人科学会のガイドラインで勧められています(推奨レベルB)。

少なくともこの2回
できれば妊娠12週以前の早い時期も含めて3回
超音波検査を追加したいところです。

その他の検査の追加

超音波検査以外では、

・妊娠初期の感染症(風疹、HTLV-1、C型肝炎)・血糖検査
・妊娠中期以前のクラミジア検査
・妊娠後期のGBS検査

推奨レベルA, Bですので、ぜひ調べておきたいです。

費用面でさらに余裕があるなら、推奨レベルCの検査

・妊娠中期に子宮頸管長測定(経膣超音波検査)
・妊娠初期(20週以前)に膣分泌物検査

も追加できると安心です。

ただし、前のお子さんが早産だった方は、

子宮頸管長検査で子宮の出口が短くなっていないか
膣分泌物検査で早産の原因の一つ、膣炎の原因となる菌がいないか
をぜひチェックしておくべきなので、検査の優先順位が変わります。

このように持病やリスクがある方は、
追加しなくてもNHSでも検査してもらえるはずですので、
まずGPやmidwifeに相談しましょう。

どこで検査してもらう?

追加したい検査項目がわかったところで、
次はどこの施設で検査をしてもらうかを決めましょう。

私が思いつく限りでは、

・日系クリニック
・出産する病院
・超音波専門センター
・健康診断専門センター
で検査可能です。
一番手っ取り早いのは、間違いなく
日系クリニックで全部お願いする
だと思いますが、とにかくお金がかかります。

駐在の方は会社に費用を負担してもらえる場合も多いので、
パターン別に施設をオススメしたいと思います。

健診費用はかかってもOK、日本で出産予定の場合 〜日系クリニック がオススメ

費用面を気にしなくて良いのなら、
最初から全て日系クリニックでお願いすれば良いと思います。

日系クリニックで妊婦健診可能なのは、

・ジャパングリーンメディカルセンター
・ロンドン医療センター
・日本クラブ診療所
です。

ジャパングリーンメディカルセンターは
日本人の産婦人科の先生に診ていただけます。

ロンドン医療センター、日本クラブ診療所では産科は現地の先生ですが、
日本の医療に詳しく、通訳さんをつけてもらえるようです。

・日本語で大丈夫 (ジャパングリーンメディカルセンター以外は通訳さん)
・日英の違いにくわしい →全部おまかせでOK
・日本式の妊婦健診で日本に帰国後もスムーズ
とにかく安心です。
日本に帰ってからも、
この検査が足りない!
とか言われなくて済むのも良いです。

ジャパングリーンメディカルセンター、日本クラブは

夜間の診察はなし
土、日、祝日は産科の先生はいない日が多い

ロンドン医療センターは

24時間365日対応可能!
でも産科の先生がずっといるわけじゃない
いずれにしろ、産科的な診察が必要な緊急事態があった時には、
産科対応OKのNHSのA&E(救急外来)を受診しなければいけません。

緊急事態が起こらなければGP登録は必要ではありませんが、
いざという時のためにGP登録していた方が安心です。
そんな事態起こらないのが一番ですけどね。

健診費用はかかってもOK、プライベート病院で出産予定の場合 〜日系クリニック+プライベート病院 がオススメ

安くあげる方法を調べてはみたものの、
私は夫の会社の補助があったので、このパターンでした。

GPにはかからず、

最初から日系クリニックを受診
妊娠30週からプライベート病院を受診

しました。

現在、残念ながら出産も可能な日系のクリニックはありません。
イギリスで出産する場合、

NHSで出産ならNHSで健診
プライベート病院で出産なら途中からプライベート病院で健診

が必要になります。

イギリスのプライベート病院で出産する場合、
病院とconsultant(先生)に別々に料金を支払う
システムになっています。

日本にはない感覚です。

プライベート病院のconsultantの費用に妊娠30週からのパックがある事が多く、
日系クリニックではたいてい妊娠30週で紹介しているそうです。

日系クリニックでの健診は、

・日本語で大丈夫 (ジャパングリーンメディカルセンター以外は通訳さん)
・日英の違いにくわしい →全部おまかせでOK
・プライベート病院のオススメのconsultantを教えてもらえる
で安心です。

イギリスのプライベート病院では、
健診・出産を担当してもらうconsultantに自分で連絡をとる
必要があります。

・病院のHPでconsultantを検索する
・病院見学でconsultantのリストをもらう

などでconsultantの名前や連絡先はゲットできますが、
正直、誰にお願いすれば良いかわかりません。

日系クリニックなら、
この病院なら、いつも〇〇先生に紹介しています。

と教えてくださるので、日本人妊婦に慣れた先生に診ていただけます。

お金を払えば、consultantの最初のアポイントメントも
代行して取ってもらえます。

プライベート病院での健診は、

・超音波検査は頻繁にしてもらえる
・お願いすればたいていの検査はしてもらえそう
・待ち時間が少ない
・休日、夜間に何かあっても、診てもらえる
担当してもらうconsultantによって違うと思いますが、
私の場合は妊娠30週以降の健診間隔は日本と同じで、毎回超音波検査もしてくださいました。

また、日系のクリニックでは夜間や休日は産科的な診療はしてもらえませんが、
プライベート病院では何かあったら、

病院に連絡してmidwifeが対応、
midwifeが医師の診察が必要と判断すればconsultantに連絡

という形で診察してもらえます。

私は土曜日の夜に性器出血をしてしまったので、
いつもの先生にいつでも対応してもらえるのは安心でした。

健診費用はかかってもOK、NHSで出産予定の場合 〜NHS+日系クリニック がオススメ

NHSで出産なら、NHSで健診するしかありません。

その上で日系クリニックに行って、

足りない項目を検査してください。
と言えば、適宜やってもらえます。
・妊娠8週くらい 超音波検査と妊娠初期の追加検査
・妊娠20週くらい 子宮頸管長測定
・妊娠30週くらい 超音波検査
・妊娠36週くらい 超音波検査とGBS検査
の4回くらい行くと良さそうです。

ちなみに、日本では

〜妊娠23週 4週おき、
妊娠24週〜35週 2週おき、
妊娠36週〜 1週おき
に健診に呼ばれ、毎回超音波で赤ちゃんをみてもらうことが多いです。

病院通いが手間でなければ、
4回と言わず上記の間隔でみてもらっても良いですね。

なるべく健診費用はかけたくない、英語NGの場合 〜NHS+日系クリニック がオススメ

なるべくお金をかけたくないけど、英語が苦手な場合も、
無料のNHSに日系クリニックで項目追加がベストです。

NHSはお願いすれば通訳さんもつけられるみたいですよ。
(突然来てくれなくなったりもするみたいですが…)

推奨レベルBまでの検査を追加するなら、

・妊娠8〜10週くらい 血液感染症検査、クラミジア検査
・妊娠30週くらい 超音波検査
・妊娠36週くらい 超音波検査とGBS検査
の3回です。

妊娠初期の頸部細胞診はGPでも3年ごとに無料でできるので、
しばらくしてない場合はGPでできないか相談してみましょう!
日本では1年以内に検査して問題なければ、検査不要としています。

費用に関しては、
ジャパングリーンメディカルセンターでは、
診察料と超音波検査で1回£250くらいでした。

検査項目の個別の値段はわかりませんが、
目安として、健診のブライダルチェックの値段が£550
この中に、HTLV-1抗体以外の初期検査に追加すべき項目が含まれています。

推奨レベルBまでならもっと安く済みます。

なるべく健診費用はかけたくない、英語OKの場合 〜NHS+現地の健診センター がオススメ

ある程度の英語が使えれば、
現地の健診センターの方が日系クリニックよりもかなり安くすみます。

超音波検査 〜private scan clinic

超音波検査については、
private maternity scan
などで検索するとたくさん出てきます。

イギリスにも2回じゃ不安な方がそれなりにいて、需要があるんでしょうね。

例えば、Private Ultrasound LTDの場合。
1回あたり£100〜120でみてもらえます。
4Dでも£150くらいです。
日系クリニックの半額くらいです。

例えば、London Women’s Clinic Ultrasound Centreの場合。
NHS wraparound pregnancy scan packageというのが、

・妊娠初期
・性別・成長チェック
・成長チェック か 4D超音波
・体勢チェック(頭が下か)とGBS(オリモノ検査)
の、4回の超音波検査と妊娠後期にGBS検査付きで£580くらいです。
こちらも日系クリニックの半額くらいです。

超音波以外の検査 〜private GP

超音波検査以外は、
private health check
などでお近くの健診センターを検索するとたくさん出てきます。

例えば、London Doctor’s clinicの場合。
妊娠初期の検査は、診察料込み、HTLV-1抗体以外で£285くらいです。

このクリニックの価格表では、HTLV-1抗体は見つけられませんでした。
HTLV-1は南日本やカリブ海沿岸諸国に多い病気なので、
イギリスではHTLV-1抗体を調べるのは一般的ではないかもしれません。
検査可能かを確認してから、健診センターに行った方が無難だと思います。

日本の妊婦健診を知らないイギリスのprivate GPに
妊娠初期の足りない項目をお願いするのが面倒なら、

妊娠初期の検査一式 → 日系クリニック
残りの超音波検査 → 現地のscan clinic
というのも、折衷案としてアリかもしれません。

私がもう一人イギリスで妊娠したら?

最後に。
一度イギリスでの妊娠・出産を経験した私が、
もし同じ状況(会社から補助あり)でイギリスでもう一度妊娠・出産するなら

最初からプライベート病院での健診

がいいかなぁと思います。

・診てもらったconsultantに、また診てもらいたい
・夜間・休日も対応してもらえる
のが理由です。
パック料金で毎回の会計手続きがないのも楽でした。

でもイギリスでの最初の妊娠の今回は、
妊娠初期は日系クリニックにお願いできて安心でした。

まとめ

長くなりましたが、
イギリスで、日本で勧められている妊婦健診の項目を受ける方法をご紹介しました。

会社の補助があるなら日系クリニックが一番!
費用面を抑えたければ、超音波検査は現地scan centreで十分対応可能!