出産準備!入院バッグには何をいれる?出産持ち物リストを公開。

妊娠・出産

イギリスで妊娠、出産。

もうすぐ臨月。入院バッグの準備をしましょう。
病院からもらったリスト、追加で入れた便利グッズ。
入院バッグの中身をお見せします。

持って行ったものの使わなかった物、持っていけばよかった物もご紹介します。

スポンサーリンク

Hospital bagってなに?

Hospital bag(ホスピタルバッグ)とは、出産の時に病院に持っていくバッグです。
日本では入院バッグとか、出産準備バッグとか呼ばれています。

・分娩の時に使う出産グッズ
・出産後の入院中に使う物
・生まれた赤ちゃんのためのベビー用品
などを入れて行きます。

Hospital bag checklistの内容は?

日本では、出産用の入院バッグを用意してもらえる病院もありますが、
イギリスでは基本的には全て自分で用意しないといけません。
(プライベートで出産するなら、用意してもらえる物品もあります。)

Hospital bag checklist

自分のための物は?

服系はNEXT、その他の物はamazon.ukでおすすめのリンクを貼っておきました。

特にこだわりがなければ、ベビー用品も含め、だいたい何でもmothercareで揃います。

・パジャマ(nightwear/dressing gown) 2枚
・スリッパ(bedroom slippers) 1足
・洗面道具、化粧品(toiletries)
・生理用ナプキン(sanitary towels) / 産褥パッド(maternity pads) 10枚
・使い捨ての下着(disposable underwear) 3枚
・母乳パッド(breast pads) 10組
・マタニティブラジャー(maternity bra) 2枚
・乳頭保護クリーム(nipple cream)
・ニップルシールド(nipple shields)
・退院時に着る服
・マタニティノート(maternity notes)
・処方されている薬(prescribed medication)があれば

パジャマ

日本と違い、産後の悪露(おろ)のチェックはあまりされません。
私は一度もされませんでした。

他にも診察は特にありません。

日本の出産時におすすめされるような、寝た状態でもお股が簡単に出せる、
前開きガウンタイプではなくても問題ありません。
楽で授乳しやすければ何でもOK

ただし、生んでもしばらくお腹はデロンとしているので、ウエストのキュッとした服はさけた方が無難です。
私はゆるっとしたワンピースで、胸元までボタンで開くものを着ていました。

赤ちゃんと写真撮るかもしれないから、「いかにもパジャマ」じゃない服を着たいな。

悪露で汚してしまうかもしれないので、1泊入院でも2枚あると安心です。

生理用ナプキン、産褥パッド

病院からのリストには「sanitary towels:生理用ナプキン」とありましたが、私は産褥パッドを持って行きました。
「多い日の夜用」サイズの生理用ナプキンでも代用可能だと思います。

産後1泊の入院で、5枚使いました。10枚入り1パックあれば恐らく十分。

使い捨ての下着

日本の病院では下のような、お股のところが開ける産褥パンツが指定される事もありますが、

イギリスでは普通のパンツでOK

悪露のチェックをほとんどされないので、寝た状態でお股を開ける必要がありません。

私は前児の時に使った物が残っていたので日本の産褥パンツを入れましたが、
トイレに行く時以外にパッドを替えなかったので、お股を開いて使う事はありませんでした。

もしかしたら悪露で汚れてしまうかもしれないので、

そろそろ捨てようかな。

と思っている下着があれば、それでも大丈夫です。

病院には下のようなアミアミのタイプが置いてありましたが、

アミが痒くなるのと、カバーされてる安心感がないので、
私はあまり好きではありませんでした。

おっぱいケアグッズ

私は退院後の産後2日目から乳首が切れてしまって辛かったです。
イギリスの短期間の入院中におっぱいが切れる方は少ないかもしれませんが、個人差もありますし、数日入院する場合は入れておくと安心。
Lansinoh HPA Lanolin Nipple Cream、おすすめです。

生まれてくる赤ちゃんのための物は?

続いてベビーグッズです。

個人的には、ベビー服はNEXTM&Sが可愛くて質も良くて好きです。
機会があれば一度のぞいてみてくださいね。

その他、mothercaremamas & papasも、ベビー用品ならだいたい何でも揃って便利です。

・肌着(baby vests) 2, 3枚
・スリープスーツ(sleep suits) 1枚
・おくるみ(muslin square) 1, 2枚
・ミトン、靴下(scratch mittens/socks) 1組
・帽子、退院時ベビー服(hats/outdoor clothes) 1組
・ブランケット(blanket) 1枚
・オムツ(nappies) 10-20枚
・ミルク育児ならミルク(formula)

肌着、スリープスーツ

イギリスでは、肌着は下のようなボディスーツが定番ですが、

個人的にはwrap-openingタイプがおすすめです。

一人目の時に日本の肌着を使っていた影響もありますが、首が座っていないうちは首を通さずに着せられる方が圧倒的に楽です。

mothercareamazonで購入できます。

私は日本のガーゼの肌着も使いました。
縫い目が赤ちゃんの肌にあたらなくて、優しい肌触りで最高です。
紐を結ぶのがやや面倒ですが、日本の物が手に入るならぜひ。

ちなみに2ヶ月あたりからは普通のbodysuitを着せています。bodysuitの方が可愛い柄が多いので。
首も徐々にぐらぐらじゃなくなってきて、安心して着せられます。

という事で、1泊入院なら肌着2, 3枚、スリープスーツ1枚も入れましょう。

おくるみ

イギリスでは昔からmuslin squareを、日本のガーゼのように、おくるみ、タオルなどとして使っていて、赤ちゃんのお世話にはなくてはならない物だそうです。

私も、一人目の時にもaden + anaisの大判タイプを4枚購入して使い倒しました。

赤ちゃんを巻いたり、
シーツ代わり、かけ布団代わりに使ったり。

おでかけの時は、ベビーカーでブランケット代わりに足にかけておき、
授乳の時には私の肩にかければ授乳ケープとしても使えるので荷物が減らせます。

赤ちゃん連れのお出かけは荷物が増えちゃうから、少しでも荷物が減らせるのは嬉しい!

優しい手触りで、洗濯してもすぐに乾くので便利です。

もちろん今回も購入しました。

出産バッグには、汚れた時のために2枚入れておきました。

ミトン、靴下、帽子

ミトンは顔引っ掻き対策、靴下と帽子は防寒対策です。

一人目の時には、新生児の時に靴下も帽子もほとんど使わなかったのでいらないかと思ったのですが、一応リストにあったので入れました。

生まれてしばらくして、分娩室から病室へ移動する時に、

冷えるから、帽子と靴下も。

とmidwifeに言われたので入れておいてよかったです。

ミトンも、入院中に顔をひっかいて傷をつけていたので装着しました。

退院後は、
室内では、日本では帽子も靴下も不要と言われているので着ける気にならず。
外出する時はおくるみでクルクル巻いてしまうので不要。
一度も使わないうちにサイズアウトしてしまいました。

とりあえず1組あれば良いと思います。

ブランケット

季節に合わせて1枚入れましょう。

暖かい季節なら、先ほどのmuslin squareでOK。
肌寒い季節なら、ニットブランケットが1枚あれば退院時にも安心。

オムツ

オムツは肌に優しく漏れにくい高品質パンパースがおすすめです。

1泊なら10枚くらいあれば足りると思います。
20枚入れておけば安心。

ちなみにイギリスのオムツは、一般的に日本のオムツよりもバリバリしている印象ですが、
パンパースも日本のパンパースとは触り心地が違います。

我が家の新生児はパンパースでもお尻が荒れてしまいました。
ネットで口コミをあさり、パンパース同様に肌に優しいという噂の、
スーパーマーケットASDAのオムツ、little angelsに変えました。

どうやら息子には合っていたようで、変えた翌日には赤みがひいて治っていました。

生後2週間くらいで余っていたパンパースを使ってみましたが、
肌が少し強くなったのか、荒れませんでした。

little angelsはうちの子には合っていましたが、
赤ちゃんの体型によっては漏れやすい場合もあるようです。
万人受けするのはやはりパンパースだと思います。

ミルク

母乳育児のつもりだったので持って行きませんでした。
常温で保存できるので、緊急時のために家にストックしてあります。

ミルクを使う頻度が低い場合は、哺乳口付きが便利。

もちろん日本のような粉ミルクもありますし、哺乳口のついていない液体ミルクもあります。

その他

・退院時のチャイルドシート(car seat)
・飲み物、スナック
・赤ちゃん撮影用 カメラ/ビデオ

チャイルドシート(ベビーシート)は必須です!

タクシーで帰宅する場合でも、退院時にチャイルドシートを持っていないと退院させてもらえない事もあるようなのでご注意ください。

追加で入れた便利グッズは?

テニスボール(陣痛を和らげるために)

分娩時、テニスボールでお尻の穴をグリグリすると、痛みが少し楽になります。
一人目の出産の時に大活躍だったので、今回もバッグに入れておきました。

その他、ラベンダーなどのアロマオイルを嗅いでリラックスするのも良いようです。
ハンカチにたらして時々嗅ぐのが使いやすいとか。

日本ではリラックスするために足湯ができる病院もあります。
イギリスでやるなら、たらいを持っていけばできますね。ちょっとかさばりますが。
お湯で温めたタオルを足にまくだけでも効果があります。

イギリスでは無痛分娩が主流ですが、薬が効くまでの間の痛みを和らげるためにテンスマシンが使われる事も多いようです。

レンタルもできるので、興味がある方は試してみてください。
こちらのサイトからレンタルできます。

骨盤ベルト

前回出産後、骨盤のずれで痛くて歩けなくなってしまって、
何度か骨盤矯正に通いました。
イギリスでは産後の骨盤矯正をしてくれる整体はほとんどありません。

整体に行かなくてすむように骨盤ケア!

産後、骨盤はグラグラです。
産後すぐは悪露で汚れてしまうので、使い捨ての直後ケアベルト
悪露が落ち着いたら、通常の骨盤ベルトに変えます。

骨盤ベルト自体は妊娠中から使っていたのですが、
イギリスで探しても骨盤ベルトのような商品は見つけられず、日本で購入しました。

赤ちゃんの口拭き用ガーゼ

小さいサイズのmuslin squareでもよいのでしょうが、私はガーゼを入れました。
授乳後の吐き戻し対策です。

出産当日はあまり母乳も出ないので、吐くほど飲めませんが、念のため。

おしりふき

便利グッズでも何でもないのですが、おしりふき

イギリスでは、コットンボールをお湯で濡らして拭くのをおすすめされます。
赤ちゃんのお尻に優しくて良いらしいです。

産後の病室にコットンボールとトレイが置いてあったので、試しに使ってみましたが、
一人目を日本で育てた私としては、おしりふきが使いやすいです。

出産直後のグラグラの骨盤で、トレイにお湯を入れに洗面所まで行くのが面倒。

匂い付きの物が多いので、フレグランスフリーの物を選びましょう。
何種類か試しましたが、HUGGIESの物が気に入っています。

入れたけど使わなかった物は?

私はプライベート病院で出産したのもあり、病院に備え付けてあるものがいくつかありました。
St. Mary’s Hospital(セント・メアリー病院)の、Lindo Wing(リンド・ウィング)の場合。

・生理用ナプキン/産褥パッド
・使い捨ての下着
・オムツ
使い捨ての下着は、先ほども書いたようにアミアミのタイプで、
・痒くなってしまう
・ホールドされている安心感がない
のが嫌で、途中から自分の持って行った下着を使いました。

オムツは、どこのブランドかわかりませんが、肌触りは良かったです。

Lindo Wingで提供されたオムツ

私はミルクは入れませんでしたが、こだわりがなければミルクも病院で用意がありました。
7種類も置いているそうなので、好みの物がありそうですね。

持っていけば良かった物は?

基本的には、この入院バッグで不便はありませんでした。

しいて挙げるとすれば、シャワー用のサンダルです。

私は、イギリスでプールに行く際には、シャワー室が汚い事が多いのでサンダルを持って行きます。
(私が潔癖症なのではなく、サンダルを履いている人が多いです)
病院でシャワーをあびる事をすっかり忘れて、入院バッグには入れ忘れてしまいました。

St. Mary’s Hospitalは掃除が行き届いていましたし、
排水口の水の流れも悪くなかったので、
なくても不快な気分にはなりませんでした。

あったらより良かったかな、という程度です。

シャワーが共用の病院ではあった方が良いかもしれません。

まとめ

入院バッグの中身をご紹介しました。
病院や入院期間によって違う点もあると思いますが、ご参考になさってください。

ベビー用品を選ぶのはワクワクして楽しい!