親も子も大満足の別荘型レジャー施設、Center Parcs(センターパークス)をレビュー

center parcs 子連れ旅行

子持ちイギリス人に大人気のCenter Parcs(センターパークス)!

夏休みを利用して、私たち夫婦と、子供二人、私の両親の、三世代6人で旅行です。

ロンドンから電車で1時間で行ける自然豊かなレジャー施設で、子供も大人も楽しい別荘ライフを過ごしてまいりました。

スポンサーリンク

Center Parcs〜センターパークスとは?

イギリスに住んでいる子持ち家庭なら、だいたい知っている有名な保養施設、センターパークス

自然豊かな広大な敷地の中に、

・屋内プール
・ウォータースポーツ施設
・屋外アクテビティ施設
・屋内アクテビティ施設
・スパ
・レストラン
・スーパーマーケット、ショップ

が完備されており、手軽に別荘ライフを楽しむことができます。

UK国内に5か所(2019年現在)ある他、ヨーロッパ諸国に点在しています。

夏休みどこ行くの?

センターパークス。

いいね。どこの?

という会話が成り立つくらい有名です。

・下の子(乳児)→移動距離が短くて、自然が多くて気持ちよく散歩できるところ
・上の子(幼児)→とにかく遊べるところ、できればプールつき
・私たち夫婦→バーベキューできるところ
・両親→孫の遊ぶ姿が見られるところ、できればスパつき

という事で、この夏休みは近場のセンターパークスで遊ぶ事にしました。

電車で行くなら、Woburn Forest(ワーバン・フォレスト)

ロンドンから電車とシャトルバスで1時間ちょっと

ロンドン在住で車のない私たち。
ロンドン近郊のBedfordshireにあるWoburn Forest(ワーバン・フォレスト)のセンターパークスをチョイス。

最寄駅はSt. Pancras(セント・パンクラス)駅から電車で40分ほど、最寄駅のFlitwick(フリットウィック)駅からは30分ごとに無料のシャトルバスが出ていて、電車でも簡単に行けます

電車で行く場合、

・ロンドンからの電車の運賃が10%引き
・施設ー最寄り駅間の無料シャトルバス(月曜日、金曜日のみ)
VIPチェックイン

のサービスがあります。

注)Flitwick駅はエレベーターなし

St. Pancras駅とFlitwick駅の往復は、Thameslink Railway。
行きは金曜日の10:00頃発、帰りは月曜日の14:00頃発に乗りましたが、ガラガラですいていました。

St. Pancras駅はエレベーターがあってバリアフリーですが、Flitwick駅は階段のみです。
ベビーカー、大量の荷物を持って階段を上り下りするのは少し大変でした。

無料シャトルバスは30分ごと

Flitwick駅で電車を降りたら、案内に従ってシャトルバス乗り場まで移動。
駅を出てすぐの所に待合室があります。

シャトルバスは10:30, 11:00, 11:30, …, 19:00と30分ごとに出ています。
バスの時間に合わせて電車を選ぶと良いです。

駅近くにTesco

施設内にスーパーマーケットがあってだいたい何でも揃いますが、少し高いです。
駅のすぐ近くにTescoがあるので、シャトルバスを待っている間に必要な物を買い出ししておくと安く済ませられます。
私たちは荷物を増やしたくなかったので行きませんでしたが、車ならぜひ寄って行くと良いと思います。

シャトルバス内でチェックイン開始

11:00発のシャトルバスでセンターパークスへ。
小さめのバスですが、私たちしかいなかったので、スーツケースもベビーカーもそのまま乗せられました。

センターパークスに向かう道中、プリントしておいた予約の詳細を見せてチェックイン開始
事前に宿泊者情報をon lineで登録しておいたので、すぐに終了。

帰りは何時くらいに出発する予定ですか?

ランチしたら帰ろうと思っています。

では、お昼に間に合うようにロッジからの荷物の回収を手配しておくので、12:15分以降、30分おきに出発するバスに乗ってくださいね。

バスはプラザの建物の前に停車。
レセプションは建物に入ってすぐです。

バスの中で、誰が到着したかを電話でレセプションに伝えてくれてあるので、簡単な説明を受け、リストバンドをもらって楽々チェックイン完了

リストバンドはベッドルームにつき1つづつ(3ベッドルームのロッジなら3つ)、ロッジの鍵 兼 プールなどで使うロッカーの鍵になっています。

大きな荷物はレセプションに預ければ、ロッジに運んでもらえます。

さすがVIPチェックイン!手ぶらで施設内の散策も楽チン!!

15時のロッジへのチェックイン前も遊べる!

ロッジが使えるのは15時からですが、施設内の散策は10時以降可能です。
自転車も11時から借りられます。
プールも使えますので、利用する場合は水着とタオルを手元に残しておきましょう(タオルは£2でレンタル可能)。

お部屋は3 Bedroom Woodland Lodge

今回、夏休みで遊びに来ていた両親も一緒に、三世代で旅行しました。

私の両親、私たち夫婦、3歳児と0歳児の6人。
3ベッドルームのスタンダードなロッジに宿泊です。

センターパークスの宿泊は、

・月曜日〜金曜日のMidweek(4泊)
・金曜日〜月曜日のWeekend(3泊)
・月曜日〜月曜日 or 金曜日〜金曜日のWeek(7泊)

から選ぶのですが、夏休みのWeekendで£899でした。

ちょっと高いかな。
夏休みだし、プールの入場料込み、フルキッチン、BBQ施設付きならこんなものか…

プール近くのロッジを予約

予約の際、ロッジの場所を選ぶ事ができます。
プラザ(屋内アクテビティ、スパやレストランのある施設)やプール駐車場の近くは追加料金がかかります。

雨が降った時、乳児を乗せてベビーカーで歩き回るのは嫌なので、プールのすぐ近く、プラザにも比較的行きやすいロッジを選択。
追加料金は£62でした。

地図

シャワー、トイレが2つで便利

ベッドルーム

3ベッドルームは、1つはダブルで2つがツイン。
トイレ、バスタブ付きのシャワールームがある他に、ダブルルームにもシャワーとトイレが付いていました。
三世代なので、シャワーとトイレが2つづつあるのは便利でした。

アメニティも付いていましたが、リンスインシャンプーとシャワージェルが小さいボトルで1つづつ、小さい石鹸が1つ。
敷地内のスーパーマーケットでも買えますが、アメニティは持参した方が良いです。

トイレットペーパーも1巻きだけ持参。
案の定足りなくなったので、持って行って良かったです。

自炊可能なフルキッチン

キッチン

キッチンは、小さめのオーブン、冷凍庫付き冷蔵庫、電子レンジ、食器洗浄器、ケトル、トースターが付いており、食器や調理道具も一式あって、簡単な自炊は可能。
外にはBBQの設備もあります。
冷凍庫は狭くてあまり入らないので、冷凍食品は買いすぎ注意です。

毎朝の朝食の他、夕食もBBQ以外に1回、スーパーマーケットでオーブンで温めるだけのReady to eatの料理を買って来て、部屋で食べました。
毎食レストランで食べるのも疲れてしまうので、良かったです。
食費も少し抑えられました。

また、食器洗浄器の洗剤が3タブレット、他に小分けの液体洗剤が2回分置いてありました。
コーヒーと紅茶も数回分。調味料はありません。
食器洗浄器のタブレット、インスタントコーヒー、小分けのケチャップと塩コショウを持参しましたが、サラダ用にドレッシングを忘れてしまったのでスーパーマーケットで購入しました。

BBQ(バーベキュー)設備

夫と私が楽しみにしていた、バーベキュー。
施設内にあるスーパーマーケット、ParcMarketでBBQセットとお肉を購入。
ParcMarketは日曜日は16時に閉店してしまうので注意!
BBQセットを外のBBQコーナーに置き、付属のマッチで火をつけ、しばし待つだけで焼ける状態になります。
拍子抜けするくらい簡単でした。

BBQ

夏の夜といえば花火!

お肉が焼けるのを待っている間は、amazonで購入しておいた花火(sparklers)。
日本の夏を少し思い出しました。

花火

終わった後は、道のゴミ置場の、BBQセット用のゴミ箱・使用済炭入れに捨てるだけ。
手軽にBBQが楽しめました。

BBQ

ハイチェア、ベビーベッドもある

掃除機などが入っている物置には、ハイチェアと折りたたみ式のベビーベッドが置いてありました。
小さい子連れにはありがたいサービスです。

洗濯機はなし

家のような設備ですが、洗濯機だけありません。
プールにも行くし、子供が外で遊んで汚したりするし、タオルの交換もないので洗濯機があると便利なのですが。

下の子がスタイを毎日大量に汚すので、持参した小分けの液体洗剤でスタイだけ洗い、シャワールームのタオルレールで乾かしました。
夏ですが涼しかったので、タオルレールの暖房をONにしてちょうど良かったです。

サイクリング

最近自転車に乗り始めたばかりの上の子が、楽しみにしていた事の1つがサイクリング。
入れ替え日の月曜日と金曜日をのぞいて、センターパークスの車以外は車が走っていないので、安心して自転車の練習ができます。

自転車天国

電車で自転車を持って行くのは大変なので、Cycle Centre(サイクルセンター)でレンタル。
子供用は12インチ、16インチ、20インチ、…とあり、補助輪もつけられます。

子供用自転車

予約しておいたので、カウンターを素通りして奥へ。
鍵をもらい、身長に合った自転車を選んでもらいます。

奥には大量の自転車。
予約した方が手続きは早く済みますが、予約なしでも無くなる事はなさそうです。

大量の自転車

幸いお天気にもめぐまれ、朝食前に敷地内を自転車で一周するのが上の子の日課になりました。
森の中のサイクリングはとても気持ち良かったです。

Subtropical Swimming Paradise(サブトロピカル・スイミング・パラダイス)

年中暖かい温室温水プール

晴れていれば天井から光が入り、部屋全体が29.5度にあたためられていて、南国にいるような気分が味わえるプール。
何回でも無料で利用できます。
ライフジャケットは無料貸し出しがあるので、持参不要。

Subtropical swimming paradise

各世代楽しめる

lazy river
流れるプールは私も楽しかったです。

Venture Harbour(family area)

上の子が延々とここの滑り台で遊んでいるのを両親に見ててもらい、夫と私は浮き輪で楽しむジェットコースターTropical Cyclone(トロピカルサイクロン)を楽しみました。

下の子も水着用オムツをつけてプールデビュー。
水も温かくてリラックス。気持ち良さそうでした。

中で飲食可能

プール施設内にはスターバックスやハンバーガーショップがあり、休憩可能。
中は暖かいので冷たい飲み物を飲みたくなります。
プール入り口でリストバンドとクレジットカードを紐付けておくと、リストバンドで支払いできて便利です。
もちろん、クレジットカードやデビットカード、現金でも支払い可能です。

プライベートな休憩スペースCabana

施設内には椅子がたくさんあって休憩可能ですが、よりプライベートな空間でくつろぎたい場合は個室タイプのCabanaもあります。

特に最終日のチェックアウト後は、テレビが付いていて、タオルの貸し出しもあり、ここでのんびりするのも良いと思います。

脱水機とドライヤーあり

着替えの際にFamily chaging zoneを使うと見逃しがちですが、Single changing zoneの方にドライヤーと脱水機があります。
最終日のチェックアウト後にプールを楽しんだので、ヘアドライヤーも脱水機も助かりました。

アクティビティ(有料)

アクテビティは大量にあるのですが、年齢制限や身長制限のあるものもあるので、事前にやりたい(やらせたい)アクティビティをピックアップ。

天候に合わせてアクティビティを決めたかったので、開催回数・参加人数の少ないもの以外は事前に予約せず、敷地内の無料のWifiを利用して随時アクティビティを予約していきました。

下の子は森の中を散歩して、プールにちょっと入れるだけでも十分な刺激になるので、お金のかかるアクティビティはやらせませんでしたが、手形足形や、センサリープレイ(2ヶ月から)など、0歳の赤ちゃんですら参加できるアクティビティがあります

Off Road Explorers(オフロードエクスプローラー)

車好きの上の子が絶対好きだろうと思い、一番やらせたかったアクティビティがオフロードエクスプローラー。
到着当日、晴れていたので夕方の回を予約。

律儀に10分前の集合時間を守りましたが、参加者もインストラクターもおらず、時間を間違えたのかと何度も確認してしまいました。

そうだ、ここはイギリスだった。

Off Road Explorers

車を運転しながら、パズルのピースを集めます。
3〜7歳対象のためナメていましたが、水たまりの中やでこぼこ道を通る場所もあり、意外と本格的。
配られる帽子がイギリス風で可愛かったです。

Mini Jet Ski(ミニジェットスキー)

ミニジェットスキーは、10時にプールがオープンになる前に開催されます。
そのため1日に何回もなく、出発前日にチェックしたところ空き枠が少なくなっていたので慌てて予約しておきました。

mini jet ski

10分間だけのアクティビティですが、十分に楽しんだ様子。
楽しんでいるのが見られて親も満足。
9:30からの回に参加しましたが、終了後10時までプールが使えず、20分間待ちぼうけ。
最後の回にすれば待ち時間が短く、比較的スムーズです。

Short Tennis(ショートテニス)

同じくらいの歳の子がやっているのを見て上の子がやりたがったので、やらせてみました。
ラケットとボール(子供用にやわらかくて大きい物)も一緒にレンタル。

15分くらいで飽きてしまったので、残り時間は大人が楽しみました。

short tennis

Zumba(ズンバ)

私の両親が参加。
ズンバは滞在期間中に1回しかなかったので、事前に予約しておきました。

初心者が多かったそうです。
10分以上の遅刻は参加不可能になるようで、さすがに時間通りに集まっていました。

Pedalo Hire(足こぎボートレンタル)

3日目の夕方、少し時間が空いたので乗りました。
4人乗りの足こぎボートで、後ろ2人がこぎます。
子供にはライフジャケットを貸してもらえました。
湖が小さくて少し物足りない感じもありましたが、湖にいる水鳥を観察して過ごしました。

下の子がもう少し大きくなったら、湖のほとりで砂遊びもいいな。

Aqua Sana Spa(スパ)

両親が行ってきました。
寝る前に行きたいとの事で、最後の18時からの3時間コースを予約。
ちょうど夕食の時間にかぶるからでしょうか、空いていてのんびりできたようです。

様々な温度、湿度、テーマのサウナたくさんあって、長時間楽しめます。
屋外にある温水プールが唯一のお風呂。お湯はぬるめですが、露天風呂気分を味わいながら、日本で言う打たせ湯や寝湯もあり、くつろげます。
もちろん水着着用。タオルはスパにあるので持参不要

子供をクレシェやドロップインのアクティビティに預けて、親がスパを楽しむ事もできます。

レストラン

レストランは、Sports Cafe(スポーツカフェ)、The Pancake House(パンケーキハウス)、Strada(ストラーダ)に行きました。

どこもまあまあで、値段もロンドンのレストランと変わらない位でした。
キッズメニューがあり、メイン・デザート・ドリンクで£7前後。
屋内・屋外のプレイエリアがあったり、遊んで待てるグッズが置いてあったりして、さすがにキッズフレンドリーでした。

無料のベビーフードと電子レンジあり

Sports Cafeの室内プレイエリアの前には、電子レンジと自由にとれるElla’s Kitchenのベビーフードが置いてありました。

常にあるのかは不明ですが、Ella’s Kitchenのベビーフードが食べられるお子さんなら、
食べられるものがあるか心配しなくて良いのはポイント高いですね!

もちろん、施設内のスーパーにも離乳食は売っています。

チェックアウトも簡単

最終日は、9時までに荷物を入り口の所に置いておくと、レセプションまで運んでもらえます。

午前中いっぱいプールで遊び、ランチを食べて自転車を返却。
チェックアウトはレセプションにリストバンドを返すだけで終了。
レセプションに届いている荷物を持って、シャトルバスに乗れば帰途につけます。

Flitwick駅にエレベーターがないのだけが大変でしたが、スムーズに帰宅できました。

また行きたい!

センターパークス、どんな天候でもどんな年齢でも敷地内で楽しめるよう、よく考えられていて、三世代それぞれが休暇を楽しむ事ができました。
ファミリーで数日の休暇を過ごすのにもってこいの場所だと思います。

寒くても雨でも楽しめそうなので、また近いうちに行きたいと思います。

冬に、あたたかいSubtropical Swimming Paradiseでゆっくりするのもいいな。
次はどのアクティビティがいいかな〜