イギリスでの妊娠出産記。〜妊娠後期①@ジャパングリーンメディカルセンター

妊娠・出産

駐妻生活にも慣れてきた頃、二人目の妊娠が発覚!

ついに妊娠後期に突入。
妊娠28週、ジャパングリーンメディカルセンターでの最後の診察内容と、妊娠糖尿病と妊娠中の貧血についても解説するので参考になさってくださいね。

これまでの受診記録もあわせてどうぞ。
妊娠初期①妊娠初期②
妊娠中期

北欧デザインを世界中にお届け

妊娠後期の健診

@ジャパンメディカルセンター
・妊娠28週 超音波検査、糖負荷試験、血算(貧血など)、紹介状

@Lindo Wing
・妊娠30週 超音波検査、midwifeと面談(、分娩予約とdeposit支払い)
・妊娠32週 超音波検査(、consultantへのdeposit支払い)
・妊娠34週 超音波検査(、麻酔費用の支払い)

@The Portland Hospital
・妊娠36週 超音波検査
・妊娠37週 超音波検査

妊娠28週 糖負荷試験(75gOGTT)、貧血

妊娠28週では妊娠糖尿病の検査と血算(貧血など)の検査をしていただきました。

糖負荷試験ってなに? 〜妊娠糖尿病(GDM)

糖負荷試験とは、
ブドウ糖を含むジュースを飲んで、血糖値の上がり方を検査する試験

妊娠中は糖を処理するインスリンの働きがホルモンの影響で悪くなっているため、
妊娠していない時には問題なかった人も血糖値が高くなる可能性があります。

糖尿病と診断するほどではないけど血糖値が高い、
妊娠のせいで血糖値が高くなっている状態

妊娠糖尿病(gestational diabetes mellitus:GDM)といいます。

お母さんの血糖値が高い状態が続くと、
赤ちゃんが巨大児(大きくなりすぎて分娩に影響がでる)になったり、
お母さんが妊娠高血圧症候群(血圧が高くなる)になったりするので、
血糖値をコントロールする治療が必要になります。

日本では、

妊娠初期に血糖値の測定
妊娠中期に血糖値の測定か、糖負荷検査(50gGCT)
→高めの場合、更に糖負荷試験(75gOGTT)

50gGCT(glucose challenge test;糖負荷試験、チャレンジテスト)とは、
ブドウ糖50g入りジュースを飲み、1時間後の血糖値を測る検査

50gGCTは妊娠糖尿病の可能性を調べる簡易的な検査

75gOGTT(oral glucose tolerance test;経口糖負荷試験)とは、
空腹時にブドウ糖75g入りジュースを飲み、
飲む前、1時間後、2時間後の血糖値を測る検査

75gOGTTは、妊娠糖尿病かどうかを確定する検査で、
空腹状態で受診する必要があり、採血も3回必要です。

イギリスでも、アジア人は妊娠糖尿病のハイリスクとして検査対象です。

妊娠10週頃に血糖値の測定 (全妊婦対象)
妊娠28週頃に糖負荷検査(75gOGTT) (アジア人を含むハイリスクのみ)

日本では、全員(すでに糖尿病・妊娠糖尿病と診断されていない人)に対してふるいにかける検査をした後に確定検査ですが、
イギリスでは、リスクの高い人のみ最初から確定検査です。

3回採血つらい…

治療は十分な栄養をとりつつ血糖値が上がりすぎない食事内容にし、
それでも高血糖になるようなら血糖値を下げる薬を使います。

また、イギリスでは血糖値をリモートでモニターしてくれる、
GDm-Healthという無料のアプリがあります。
血糖値のデータがNHSに転送され、血糖値を見たmidwife(助産師さん)がSNSメッセージでアドバイスを送ってくれます。

へー。便利。

妊娠糖尿病について詳しくはこちらをどうぞ。

なんで妊娠中は貧血になりやすくなるの?

妊娠中、赤ちゃんを栄養するため、また、分娩の時の出血に備えて、
お母さんの中を流れる血液は1リットル近く増えると言われています。

赤血球も増えますが、それ以上に血液が増えるため薄まってしまい、
妊娠中期から後期にかけて貧血になりやすくなります

3割もの人が妊娠後期に貧血になる!

なるべく貧血にならないようにするため、鉄や葉酸をとることが大切です。

果物やブロッコリーなどのビタミンCを含む食べ物を、赤身肉などの鉄と一緒にとったり、
鉄分の吸収を妨げるコーヒーや紅茶などは、食後30分以上あけてから飲むと
鉄が効果的に吸収されますよ。

妊娠28週の診察内容

今回は糖負荷試験があるので、前日の夜9時から水以外の飲食はせずに受診。
受診時すでに空腹です。

日本ではまずは随時血糖か50gGCTで糖尿病の可能性を調べますが、
ジャパングリーンメディカルセンターでは、イギリス式に最初から75gOGTTを勧められました。

さっそく、尿検査、体重測定、血圧測定をして、採血をしてもらいます。
血液検査では、血糖値と一緒に貧血のチェックもしてもらいました。

空腹時の血糖値を測った後、甘い炭酸水を飲んで、採血の合間に診察です。

いつも通り少しお話をして、超音波で赤ちゃんをみてもらいます。
今日も問題なし。

できれば1週間後に検査の結果を聞きに来てください。
無理なら郵送でも構いません。

結果でわからないことがあれば電話で予約すれば良いかと思い、郵送にしていただきました。

分娩の病院はどうされますか?

St. Mary’s Hospitalにしたいです。
先生に以前おすすめされた、○○先生の予約をとりました。

では今日の検査の結果も含めて、〇〇先生に紹介状を送っておきますね。

私は見学の時に入手した連絡先のリストからconsultantに連絡して、妊娠30週の予約とっていましたが、
グリーンメディカルセンターでは予約の代行もしていただけるそうです(有料)。

ではこれが最後の診察ですね。
でもいつでも受診していただいて構いませんよ。

お世話になりました。
また何かあったらよろしくお願いします。

今日は炭酸水を飲んだ2時間後の採血があるので、全部で3時間近くかかります。
暇になる事がわかっていたので、内職を持ち込んでいました。

置いてある雑誌もいいけど2時間も読めないや。
空腹を紛らわすには単純作業が一番。

テレビのある休憩スペースの端で、タオルをチクチクして、抱っこ紐用のよだれパッドを作成。こんなのです↓。

イギリスでは抱っこ紐を使っている人をほとんど見かけません。
バスでも電車でも、レストランでも公園でも、どこでもベビーカーです。
なので、店頭では抱っこ紐グッズもあまり見かけません。

でも第一子で抱っこ紐を使い倒した私は、抱っこ紐を使う気まんまん

抱っこ紐は疲れるけど、両手が使えて便利。
すぐヨダレだらけになるからいくつか用意しておかないと。

洗い替えに何個も買おうとすると良いお値段しちゃうのですが、
シンプルな作りなので、1つ買えばマネして作れます。

1人目妊娠時にはスタイをたくさん作りましたが、スタイは結構安く買えます。
私はM&Sで、5個で£7の物を買いました。
M&Sのベビー用品は生地が良くて、値段も手頃で気に入っています。

オーガニックコットンで1個£1ちょっとで買えるなら、チマチマ作ってられない。

そんなこんなで2時間後の採血まで終了。
本当に暇なので、何で時間を潰すか考えておいた方が良いです。

会計をしてもらってお昼過ぎに終了です。
全部で約£500でした。

朝食も食べてないし、3回も針を刺されたし、
今日のランチは贅沢しちゃおう。

検査結果は数日後に届きました。

糖の検査の結果は問題なし、貧血気味のため鉄のサプリメントを飲むように指示されました。

まとめ

妊娠28週でジャパングリーンメディカルセンターに受診し、
St. Mary’s Hospitalへの紹介状を作成していただきました。

妊娠初期からお世話になったジャパングリーンメディカルセンターの受診も終わり、
次からは現地の先生の診察、ドキドキします。